配偶者ビザに困った経験

配偶者ビザと一口に言われますが、実際は各国で制度が全然異なります。
外国人配偶者を持つと、長期滞在許可の申請がなかなか面倒です。入国管理局に出向いて、相手国からの証明書を申請書と共に提出します。
日本では、いわゆる配偶者のみにビザが与えられますが、海外では、フィアンセに与え
られることもあるんです。
一度で受け入れてもらえればいいですが、不備があれば何度も足を運ばなくてはなりません。
全てが完了すれば配偶者ビザが出してもらえます。
ところが、この配偶者ビザは、日本人配偶者の職業や家族の職業によっても与えられる
年数が変わります。医者や弁護士の場合、ほぼ最長年数が与えられます。私の妻の場合は三年でした。彼女の友人は毎年更新しなければならず、人によっては出なかったこともありました。だから皆、配偶者ビザの申請は、行政書士に頼むんです。